鮮度保持システム

お問合せ・サポート

お問合せ

カタログ請求

カタログダウンロード

日栄インテックの鮮度保持システム

鮮度時保持の常識を変える

日本と海外を結ぶ
コールドチェーンを実現を実現する商品ラインナップ

長期間、鮮度を保持する日栄インテックの鮮度保持システム

スーパークーリングシステム

スーパークーリングシステムとは

スーパークーリングシステムは、壁面にスーパークーリングパネルを設置することにより、庫内にある一定の電界状態を作り出し、青果物、肉、魚介類などの鮮度をより長く保持することが出来る技術です。

構成

スーパークーリングシステムは、パネル部分と電源ユニットにより、構成されています。

電源ユニットより高圧の電位(約3000V)を、効率よくパネルに印加することにより、周波数48Hz ~ 62Hzの正弦波形で3m以内に0.3kV/m ~ 2,000V/m以上の電界強度を有する電界空間を安定して形成します。

電源ユニット(コンピューター制御)の構成には安全装置や制御装置が内蔵しており、パネルの異常を感知すると自動停止等の機能があります。また海外での使用を想定しており、100Vと220Vの電圧の変更が可能です。

【日本特許取得:特許第5682037号】
【中国特許取得:特許第201602180013045】
【澳門特許取得:特許第J/002197】
【香港特許取得:HK1192606号】
【日本医療用実用新案取得:登録第3211890号】

スーパークーリングシステムの利点

  1. 食品の鮮度をより長く保持

    庫内にある一定の電界状態を作り出すことで、青果物、肉、魚介類などの鮮度をより長く保持出来ます。

    生鮮保持事例を見る>>

  2. 今お持ちの冷蔵庫に、後付けでの設置も可能

    既にお持ちの業務用冷蔵庫、プレハブ冷蔵庫、冷蔵コンテナなどに後付での設置もが可能。初期投資の負担を軽減します。
    制御ユニットとスーパークーリングシステムパネルを設置するだけなので、さまざまな形態の冷蔵庫に取付が可能です。

  3. 冷蔵庫のスペースを圧迫しない

    庫内は今までとほぼ同じスペースを確保できます。

  4. 施工時間の短縮

    制御ユニットとスーパークーリングシステムパネルを設置するだけなので、施工時間が短期間で可能となります。

スーパークーリングシステム(SCS)の利点

市場仲卸・青果卸業者

日栄インテックグループが高品質でコストパフォーマンスに優れた植物工場を一括提供

JA・農家

農作物を、長期保存により安定供給。出荷調整が可能になり、廃棄ロスを削減します。

飲食関連事業

食材の長期保存により、素材が安価な時に「まとめ買い」が可能に。コストを削減します。

海外事例

スーパークーリングシステムコンテナで鮮度維持が可能となり、輸出で一番の問題であった輸送コストを圧縮する事が可能となります。

新着情報

2018年10月02日
農林水産物食品輸出の手引き
2018年10月01日
野菜
2018年10月01日
果物
2018年10月01日
魚介類
2018年10月01日
肉類

一覧を見る>>