立体駐車場

  • メンテナスについて
  • 緊急時の流れについて
  • プレミアムポート

お問合せ・サポート

03-5816-7181

お問合せ

カタログ請求

カタログダウンロード

日栄インテックの機械式駐車装置が電気自動車充電サービス「WeCharge」と連携

械式駐車装置に入庫したままEVの受益者負担充電が可能に
 
2022年5月26日
日栄インテック株式会社


日栄インテック株式会社(本社:東京都荒川区、代表取締役:高橋 善晴、以下 日栄インテック)は、
ユビ電株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山口典男、以下 ユビ電)の充電管理や課金運用が可能な電気自動車充電サービス「WeCharge」と連携した機械式駐車装置の提供を、2022年5月より開始しましたことをお知らせいたします。

 
 

 
 概要

日栄インテックの機械式駐車装置1 に、WeCharge専用に開発した充電システムを設置2 することで、地上段に入庫の電気自動車(以下 EV)であれば、入庫したままでも充電が可能になります。充電システムの維持費用については、現在ご契約中の場合、定期保守費用の範囲内にて実施させていただきます。3
また機械式駐車装置の新規導入やリニューアルの場合には、幅広仕様のパレットを採用することで、地下段に収容のEVも充電が可能になります。

今回、東京都世田谷区の集合住宅には、既設の機械式駐車装置の地上段7パレットに、各駐車区画の専用充電設備として7基のEV充電コンセントが導入されました。 


 
   
1 充電システムに対応している機械式駐車装置の機種は垂直昇降ピット式です。
2 充電システムの導入にあたり電気容量の追加工事、また充電システム設置箇所の設備工事が必要となります。
3 日栄インテックと定期保守契約を締結している場合に限ります。
   
 
 「WeCharge」とは
   
すべての電気自動車(BEV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)に対応した充電サービスで、利用手続きから充電量算出、精算までをスマートフォンのアプリで完結できる充電サービスです。充電利用者からの集金はアプリ上で行い、電気料金相当額を管理組合が受け取ることが可能で、集合住宅においても受益者負担の原則でEVを充電することができます。集金の手間がかからないこと、利用時間に応じた使用料金の設定ができることなどにより、EV充電設置に対する管理組合の負担を大きく軽減します。
また、WeChargeの設備導入については、充電インフラ導入の補助金を活用することで、初期費用を抑えた導入もご検討いただけます。
 
 背景

世界的な脱炭素化の流れによりEVの普及が急がれていますが、集合住宅ではEV充電環境が無いことが、EV普及の妨げの一つとなっています。当社では、EV化への流れが本格化する中で、充電可能な住環境の整備が重要と考え、機械式駐車装置とEV充電システムの連携を実現する運びとなりました。


 
 日栄インテックについて

日栄インテックは立体駐車場のメーカーとして、企画・設計・製造・販売・保守を一括で提供しております。国内外の自社工場にて製造し、国土交通省、立体駐車場工業会の認定を取得した高品質な製品を供給してまいりました。日栄インテックでは、今後もより良い住環境のご提案を行うために、様々な企業との連携を積極的に取り組んでまいります。


 
 本件に関するお問い合わせ先
 
日栄インテック株式会社 パーキング事業部
担当  :三枝松、山口

TEL  :03-5816-7121


 >ニュースリリース 電気自動車充電サービス「WeCharge」と連携