鮮度保持システム

お問合せ・サポート

お問合せ

カタログ請求

カタログダウンロード

株式会社松源様

市場仲卸

株式会社松源様(東京/大田卸売市場)


 

 

お客様の声

1.スーパークーリングシステムを知ったきっかけは?

季節の果物・通年栽培では無い果物の鮮度保持を希望、検討していたところ、輸出担当者がインターネットで検索し、スーパークーリングを見つけ、問い合わせをかけました。
 
2 . スーパークーリングシステムを導入してどうでしたか?

輸出向け鮮度保持は3 年連続で成功しました。
国内においては、「ハウスみかん」の鮮度保持に成功し、有効活用しています。ハウスみかんの収穫終了時期には「浮皮」や「味のぼけ」が発生し、美味しくありません。美味しい時期(最盛期)に収穫して、スーパークーリングシステムで鮮度保持をし、美味しくない時期にお客様に提供し、喜ばれています。長期鮮度保持を行い、出荷時期をずらすことにより、競争することなく、果物を販売することができました。
 
3. スーパークーリングシステムを導入することで助かった点は?

お客様に「提案」することができるようになりました。
美味しい物をそのまま・季節の味をそのまま提供できる松源の強みです。
お客様の要望する時期に合わせて商品を出荷することができる。
7 月~ 8 月の物を、9 月に お客様の催事に合わせて提供できました。

輸出時の「安心感」があります。スーパークーリングシステムの冷蔵庫で保存し、スーパークーリングのリーファーコンテナで海外へ運ぶ。高い鮮度保持をしたまま海外のお客さまに提供できます。現在まで300 回以上の輸出をしましたが、鮮度に関するクレームは一度もありません。

導入概要

国内産果物の海外輸出展開の推進にあたり、農水省補助事業を利用検討するタイミングから、SCSを導入。
輸出用保管の他に、購入されたお客様の一時保管にも利用。

導入場所 東京都千代田区外神田4-13-5
導入施設 既存冷蔵倉庫(20坪)へ設置
導入内容 SCSパネル(1m x 2m)x8枚、SCS電源x 4個
工事期間 3日間
保存品 青果物全般
保存温度 2℃~5℃