設備用配管支持金具

  • 天井落下防止

お問合せ・サポート

お問合せ

カタログ請求

カタログダウンロード

コラムセッター

 






コラムセッター
 

 

コラムセッター

 

[ 特長・用途 ]

■ コラム柱用取付金具
■電気亜鉛めっき(製品番号:0500210)
 溶融亜鉛めっき(製品番号:0500211)
 




 

Dバー

 

[ 特長・用途 ]

■ コラムセッター取付用部材
■ 薄型万能レール
■電気亜鉛めっき(製品番号:0500220)
 溶融亜鉛めっき(製品番号:0500231)





 

チャンネルクリップ/HL片サドル

 

[ 特長・用途 ]

■ 各種配管用の取付部材
■ 亜鉛めっき鋼板
 
[注意]
■販売単位は1袋(10個)です。
■附属の六角ねじサイズはM6×20です。
 ※印の箇所については、M6×25に取り替えてご使用ください。
■DC19はネグロス電工(株)製です。販売単位にご注意ください。
 
■ VP・TP管用取付金具



 
 

フリーチャンネル

 
フリーチャンネル
 
フリーチャンネル


 

回転止めボルトセット/回転止め小ねじセット

 

回転止めボルトセット


回転止め小ネジセット



 

回転止めボルトセット



 

[ 特長・用途 ]

■ スイッチボックス類の取付部材

[注意]
■ボルトセットは、設備機器類の取付けに適しています。
■小ねじセットは、スイッチボックスなどの取付けに適しています。

 

 
 

Dナット

 





[ 特長・用途 ]

■ フリーチャンネル・Dバー用取付金具
[注意]
■セット品以外、ナット・ワッシャー(30 Φ)は別売ですのでご注意ください。
■Dバーへ使用する場合、金具の滑りが無い様、強固に取付けてください。


 
 

エンドキャップ

 

[ 特長・用途 ]

■ 金具類の端部用保護キャップ

[注意]
■コラムセッター用エンドキャップの販売単位は1袋(12個)です。
■接着剤をご使用いただくと、より強固に取付けできます。
■チャンネルクリップ用は別途お問合せください。


エンドキャップ









 
  使用上の注意
コラムセッターは、設備機器類や配管類の振れ止め金具です。
コラムセッターは、適正トルク18N・m以上で取付けてください。
コラムセッターの許容静荷重は、4面合計30kg以下にしてください。
露出スイッチボックス等の配管が接続される設備機器の場合、コラム柱と設備機器の設置寸法(隙間)と、コラム柱と配管の設置寸法(隙間)が異なる場合があります。双方の距離(隙間)に合わせ、コラムセッター、Dバー、フリーチャンネルを選定してください。
コラムセッター側面に設備等を設置する場合、フリーチャンネルの厚み(高さ)は、20mm以上のタイプをご使用ください。
コラムセッター側面にフリーチャンネルを設置する場合、コラム柱のサイズより80mm以上短かくなる様に切断し取付けてください。[推奨値]
切断したフリーチャンネルは、コラムセッターの設置と同時に取付け(引っ掛け)てください。コラムセッター取付け後の設置はできません。
また、側面のフリーチャンネルがガタつかないように締め付けてください。
かしめボルト部を避けて設置してください。
コラムセッター・Dバーに回転止めボルト・小ねじを使用する場合、端面からスライドさせてご使用ください。途中から挿入する場合は、回転させロックすることを確認して使用してください。
ロックされていないと脱落の原因となります。
配管類をチャンネルクリップやHL片サドルで施工する場合、配管の滑り・回転・振れが無いように取付けてください。
コラムセッター用エンドキャップは、取付け時に緩い場合は接着剤で取付けてください。
コラムセッター、Dバー、フリーチャンネル類、チャンネルクリップの端部は、必要に応じてエンドキャップを取付けてください。
Dバーは切断(穴あけ)にて、万能レールとしてご使用できます。
Dバー及び付属部材の許容荷重を守ってご使用ください。
※荷重表は別途、施工要領書をお求めください。
コラムセッター類は屋内仕様です。防蝕性に優れた溶融亜鉛めっきもご用意しております。
 
 



日栄製作品(特注加工品)を承ります